楽天モバイルの回線速度や料金体系ってどうなってる?徹底比較!

BIGLOBE LTEの月額と解約

ここではBIGLOBE LTEの金銭的な面についてご紹介していきます。今お使いのスマホ代と比べながら、携帯料金を節約できるかご覧下さい。どれだけ安いのか、BIGLOBE LTEの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

BIGLOBE LTEの料金・初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、SIMは、データ通信専用のものと音声通話付きのものとで分かれています。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、音声通話が可能なSIMを選ばなければならないことに気をつけましょう。音声通話SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

ベーシックプランというのは、200Kbpsの低速通信のみが使い放題となるプランです。それ以外のプランを選ぶとdocomoのLTEという高速回線が利用できるようになります。BIGLOBE LTEにするにあたってかかる初期費用は、一律3,240円ですが、別途、スマートフォン端末を購入する場合は、その金額がプラスとなります。

BIGLOBE SIMの解約縛り

BIGLOBE SIMの解約違約金に関して、説明していきます。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、解約手数料8,000円取られますのでご注意ください。決められた期間が自動で更新されてしまう、他キャリアと比べ 、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

通信速度

BIGLOBE SIMでは、docomoの高速通信回線を利用しています。速度に関しては、信頼の高いドコモ回線ですので、速度は安心です。格安で、ドコモと全く同じ回線が使えるということは、大手携帯3社や他のMVNOと比較しても、BIGLOBE SIMの強みとなりそうですね。利用者はスマホ代が高いことを不満に思っていることもあり、今後もMVNOや格安スマホの発展から目が離せませんね。

BIGLOBE SIMの3日制限

BIGLOBE SIMの場合、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応していました。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、通信速度が規制されていましたが、2016年より直近3日間での通信制限が撤廃されたのです。ということで、BIGLOBE SIMでは、直近72時間のデータ使用量を憂慮する必要はありませんので、今までよりよっぽど使いやすい!

BIGLOBEの格安SIMの特色まとめ

BIGLOBE SIMとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。大手携帯会社のdocomo,AU,softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。月々の利用料金は900円という安さで、今、話題のサービスです。BIGLOBE LTEの特徴はドコモと同じ回線を使っているという点で、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。BIGLOBE SIMのオプションの中で、特徴的で最もおススメしたいのが、『エンタメフリー・オプション』です。これはAmazon Music、Spotify、AbemaTV、YouTubeといった動画や音楽のストリーミングサービスで通信量を一切消費せずに使えるというもの!さてさて、BIGLOBE SIMのすべてを網羅したまとめになりますので、BIGLOBE SIMの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoエリアで使えるBIGLOBEの格安スマホ

BIGLOBEの提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。つまり、通話品質はドコモとなんら変わりなく、対応エリアが広く、つながりやすさはピカイチです。これまで使用していたNTTドコモのスマホであれば、BIGLOBE LTEでもそのまま使うことができます。BIGLOBE LTEのSIMフリースマホをセット購入することも可能です。SIMカードだけ購入しお手持ちのドコモのスマホを継続して使えば、新たに本体を購入しなくてもすみます。ドコモ回線を利用した高品質で低価格を実現したBIGLOBE LTEは、信頼できる格安スマホサービスです。

格安スマホの機種が豊富

今あなたの使っているスマートフォンが、BIGLOBE LTEに対応していない場合、当然のことながらスマホ自体を購入しなければいけません。BIGLOBE LTEで購入可能な端末は、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマホのみならず、タブレット端末も多く取り揃えているため、よりどりみどりですね。

高速データ通信量の繰越し対応してます。

プランごとにデータの通信料は異なりますが、データを全く使わない月もないわけではないでしょう。このような時、BIGLOBE LTEなら、残った分は繰り越して、翌月に使用できます。MVNOによっては、データ通信料の繰越しに対応していないものもあるので、BIGLOBE LTEのメリットでもあります。残ったデータ通信量を無駄なく利用できるというのは、満足度の高いサービスと言えるでしょう。

通話代が半額なのに、番号通知できるBIGLOBE電話

BIGLOBEでんわは、通常の通話料が半額になるサービスです。IP電話とは異なり、プレフィックス型の通話サービスと言われており、電話を受けた側に発信番号がしっかりと通知されるのです。相手側に通知される電話番号は、もちろんいつも使っている電話番号です。そのため通話相手からは、大手携帯キャリアを利用している時と違いを感じることはありません。大抵のIP電話では、非通知表示であったり、050から始まる番号が表示されたりしますので、ちょっと使いづらいですが、その点BIGLOBEでんわは、非常に使い勝手が良いです。実は、通話し放題サービスもあるんです。

3分かけ放題

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNOでは、ほとんどのキャリアが通話し放題のプランには対応できていないのが現状です。格安スマホは料金の点では魅力的だけれども、友達と通話をよくするから乗り換えるのはちょっと不安という方も安心してください。 BIGLOBE LTEでは1カ月の利用料金が650円で、日本中どこでも最初の3分は回数に関係なく無料になるという魅力的なができました。3分無料通話は電話回線の使用ですので、大手携帯電話会社やBIGLOBEでんわと同じで、発信者番号通知サービスに対応しているので、通常通り変わりなく、通話し放題ができます。BIGLOBEでんわでは、1分あたり21円ほど通話料がかかるので、月に一時間近い通話をしている方にはとても良いですね。

MAX60分の無料通話つき通話パック60

また、BIGLOBE SIMには、月額350円の3分かけ放題とは別に、「通話パック60」といった通話オプションがございます。こちらのサービスは、月額たった650円で1200円もの無料通話が提供されるというとてもお得な内容となっています。また、3分以上通話することはない!という方には、「3分かけ放題」の方が絶対にオススメですけど、たまに少し長電話しちゃう!という人なら、通話パック60の方が結果的にはお得ということになります。自分の通話状況を確認して、自分の使い方に合った通話オプションを活用しましょう。

初月は無料

BIGLOBE SIMでスマホ端末本体ならびにSIMカードの契約をされたお客様は、その月の料金はただになるって知ってました?注意して頂きたいのは、「1ヶ月」というのは、SIMが届いた日から1ヶ月間ではなく、届いたその月ということです。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。しかし、解約する会社にも、場合によっては解約料を支払わなければならないケースもあるので、実際問題、月初まで待つのがお得とは言えないです。時期に関しては、慎重に検討してみてくださいね。

【間もなく終了】限定キャンペーン