mines(マイネオ)を徹底比較!!月額料金や通信速度について

mineoの回線スピードに関して

mineoの通信スピードがどのくらいあるのか数字を示して解説します。ドコモプランでは、docomo Xiに相当する最大225Mbps回線、auプラン(Aプラン)も同じく225MpsのLTE回線を使用しています。通信系のサイトなどでも比較されていますが、お昼や夜の混雑する時間帯に利用される場合は、キャリア契約の回線のような高速通信は出来ません。時間帯に関係なく、安定した高速通信をお望みならば、間違いなくキャリア契約の選択をおすすめします。月々の料金が他社よりも圧倒的に安い訳ですから、総合的に考えると、mineoをはじめとした格安SIMへの乗り換えを検討する価値はあるでしょう。
こちらのサイトの速度比較がかなり参考になります。
格安SIM速度

mineo Aプランの3日間制限

どのMVNOでもそうですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、設定容量を超えたユーザーには、通信速度を制限しています。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。mineoの場合、契約プランごとの規定値は決められておらず、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で3GBが規定値に設定されているようです。

mineo Dプランの3日間制限について

mineoのdocomo回線プランでは、直近の3日間に限ったデータ通信量による速度制限はありません。その日によってデータの使用量が大きく異なる方は、心配な方は、ドコモ回線を使うプランにした方が、気兼ねなく、データ通信が行えます。プランを選ぶときには、このような点にも注目してみてください。

mineo料金プラン

mineoの月々の料金設定や速度について説明していきます。いまのスマホ代と比較しながら、スマホの利用料金をできる限り削減するか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。それでは、月額プランの詳細を見てみましょう。

mineoの料金と初期費用

mineoの料金プランに関しては、SIMにはデータ通信専用のものと、音声通話付きのものの2種類があります。070/080/090番号が使えるものには、 音声通話SIM適応されますので、普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。データ通信専用SIMではなく、通話SIMを選択することになりますので間違えないようにして下さい。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの最低利用期間について

最低利用期間と解約違約金に関して、解説していきます。mineoはキャリア3社や他のMVNO会社とは違い、最低利用期間というものがありませんので、解約手数料や違約金が一切掛からない格安スマホとなっています。利用者にとって不要な出費となる違約金を気にせず格安SIMにトライできるので、使いやすく、格安スマホデビューにはお勧めです。ただし、1年以内にMNP転出する際には12,420円の手数料が発生してしまいます。12,420円の料金となりますので、お含みおき下さい。

mineo格安スマホのユニークポイント

「mineo(マイネオ)」とは(株)ケイ・オプティコムが提供する格安スマホ、SIMサービスのMVNOです。月々のスマホ料金を節約したい場合、他のキャリアからの乗り換えをするとかなりの料金低下が見込める格安スマホサービスです。なんと月額1,310円でスマホが利用できるので、キャリアのスマホに比べるとこんなにも安くなります。サービスの方も、国内では初めてマルチキャリアMVNOを採用しており、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。通話品質やエリアもdocomo・AUと同じですので、安心して使えますね。これからmineoへのMNPを検討中の方の為に、mineoのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoとAU回線網の激安なスマホ

docomo回線、AU回線を利用して格安スマホを利用できるようになっています。通話品質もdocomo、auとそれほど変わりませんし、通信エリアも他社に負けず劣らずとなっています。ドコモやauのスマホをお持ちならそのまま使用することができるため、格安スマホにするからといってスマホ本体を買い換える必要はありません。新たに本体を購入せず乗り換えられるのでとてもお得です。当然ながら本体を買い換えたいって人もいるので、格安のSIMフリースマホもセットで購入することもできます。全国展開されているキャリア回線をやすく利用できますし、契約はdocomoとauの回線を自ら選択できるようになっているので、好みに合わせてみましょう。両プランの月額料金には若干差がありますので、この点も踏まえて比較検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTEプランがある

mineoには、VoLTE対応プランがあることで話題です。VoLTEとはLTEによる音声通話サービスのことで、従来の音声通話より高品質な通話を実現した、LTEを利用した最新式の通話技術のことなのです。従来の通話方式が使えていた周波数帯は300Hz〜3.4kHz迄で、実はそれ以外の周波数帯域の音はカットされてしまっていました。しかしVoLTEでは50Hz〜7kHzまで拾うことができるようになり、より自然に近い状態で聞き取れるようになりました。従来と比較して、高音質で通話出来るようになったという事です。VoLTE対応はmineoにとって最大なメリットともいえるのです。

データ繰越しもできる!

mineoの料金プランでは、毎月利用するデータ量を次の月に繰り越す事が可能なので、その月によって、使うデータ量にばらつきがある方には、それほど気にせずに使用できるということです。

mineoスイッチを活用して通信量を節約!

またmineoでは便利なオプションでmineoスイッチというものがあり、データ通信速度を高速と低速で自由に切り替えて使うことができます。これによりデータ容量を節約することができ、経済的に通信が行えるので便利ですね。また、mineoにはデータ通信料を賢く節約できるアプリ「mineoスイッチ」があるので、公衆Wi-Fiとうまく組み合わせて使えば、さらに安いプランで済むこともあり得るでしょう。スマホ代節約の大きな一手になるでしょう!

間もなく終了のキャンペーン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)