楽天モバイルの回線速度や料金体系ってどうなってる?徹底比較!

楽天モバイルの回線速度について

楽天モバイルでの通信は、ドコモの回線を利用して、225Mbpsという高速通信を可能にしています。通信速度に関しては、NTTドコモと同じ回線なので、これまで他のキャリアを使用していたユーザでも不満を感じる事のない安心のスピードですね。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。MVNOや格安スマホは今後更に利用しやすくなって、ユーザーの期待に応えてくれることでしょう。

楽天モバイルの通信制御に関して

楽天モバイルでは、契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されました。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、通信速度制限が行われていましたが、直近3日間での通信制限が撤廃されたのです!つまり、楽天モバイルの格安スマホでは、長時間のビデオ通話をしてしまった後でも、3日制限の心配をする必要はありませんので、使いたいときに使いましょう!

楽天mobileの気になるポイント

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。毎月の利用料金が1,250円と格安なスマホは高い注目を集めています。楽天モバイルは、docomoの回線網を利用しているので、docomoの電話と同じ品質の通話が可能です。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。さて、それでは、早速、楽天モバイルのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用した格安SIMサービス!

楽天モバイルが利用している通信回線はdocomoと同じ回線を利用しています。そのため、通話品質もドコモと変わらず、広範なエリアで使える上、つながらないことが少ないという安心感があります。現在ドコモのスマートフォンを使用しているのであれば、多くの機種ではそのまま利用し楽天モバイルで使用することができます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。ドコモのスマホを持っているのであれば、SIMカード単体契約のみで今までどおり使えるので、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。つまり、楽天モバイルは、信頼のあるドコモの回線をそのまま使って値段だけ安くできるお得なサービスということです。

SIMフリースマホの種類が豊富すぎる

現在所持されている端末が、楽天モバイルに対応していないという方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は、スマホ本体の購入も必要になります。楽天モバイルでも販売されているスマートフォン本体は、他のMVNOに比べて非常に豊富な機種を取り揃えているのが特長です。しかもスマホだけでなく、画面の大きないわゆるタブレット端末にも幅広く対応していますので、端末選びに不自由を感じることはないでしょう。ただ楽天モバイルにも一つ欠点があり、本体代金を分割払いにしたいときは楽天カードでの決済が必要になることです。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。ただ、楽天カードのことがあったとしても楽天モバイルの機種数の豊富さは数あるMVNOの中でも一番の魅力だといえるでしょう。

通信量の翌月くりこし

データの通信量の上限は、各プランによって差異がありますが、あまり使用せず、決められた容量に達しない月もあると思います。楽天モバイルの場合は、使い切れなかった残りのデータ容量を、次の月へと持ち越すことが可能なのです。前の月で余らせた通信量を次の月に使うことができないMVNOが多いので、楽天モバイルであれば無駄なく利用することが出来ます。せっかく格安SIMにしたのにデータ量は無駄になった、なんてことには楽天モバイルならしませんよ!

電話料金が半額で済む、楽天電話

通話料を半額にしたい時におススメなのが楽天モバイルの「楽天でんわ」サービスです。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。なお、当然のことながら、相手先に伝わる電話番号は普段どおりの番号です。通話相手からは通常の電話を使用しているのと違いを感じることなく通話することができます。IP電話はほとんどの場合、番号通知が非通知とか050番号になってしまうので、使っていて不便だなと感じることがあるのですが、楽天電話なら使いづらさを解決してくれるということです。さらに、メリットはまだあります。楽天でんわを使った際の通話料が、通話代とともに、ポイントも同時にたまっていくので、ますます値打ちがありますね。かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分かけ放題オプション開始

携帯会社と言えば思い当たるのがAUやソフトバンクやDOCOMOなどですが、この3つの会社はカケホーダイのサービスがありますが、だいたいのMVNOが、無料通話のサービスをやってはいません。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。このプランの電話回線はIP電話ではないので、楽天でんわなどと同じく発信者番号通知にも対応しており、いままでの通話となんら変わることのなくご利用いただけるもので、利用者にとってはたいへん魅力的なサービスです。NifMoにも話し放題のサービスはあるものの、かけた人に電話番号が相手方に表示されないことがままあるようです。楽天でんわで通話をする際に掛かってくる通話料がおおよそ1分間で21円掛かってくるので、おおよそ、1ヶ月の通話時間が1時間を越える方であれば、ぜひとも組み入れたいオプションでありましょう。

最初のひと月は無料なのも嬉しい

格安SIMの契約を楽天モバイルで結ぶと、契約した最初の1ヶ月、無料で使えるということにあります。初めの1ヶ月とは、SIMカードが手元に届いた日の月のことです。SIMカードが月の初めに到着すれば、無料期間が1カ月となることもありますね!しかし、今お使いのスマホの会社の月額使用料がいくらかにもよって損得は変わってきます。また、解約月が定められているなら、すぐに解約するとかえって手数料をとられ、高くつきますので、実際問題、月初まで待つのがお得とは言えないです。

楽天モバイル料金について

楽天モバイルの月額料金やオプション料金について説明します。いまのスマホ代と比較しながら、携帯料金を節約できるかご覧下さい。 楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

月額費用

楽天モバイルの料金は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、従来の携帯電話と同じように使いたい場合にはこのまま音声通話SIMを選択してご利用ください。通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信が、使い放題のプランです。それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの262.5MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。端末台を除いて、初期費用は一律3,240円となっております。

解約手数料

楽天モバイルの解約縛りと解約手数料、これは事前に把握しておきましょう。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。仮に、1年以内に契約を解除するのであれば、違約金として9,800円支払う必要があるので注意して下さい。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、こちらの場合は、13ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

【間もなく終了】キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)