楽天モバイルの回線速度や料金体系ってどうなってる?徹底比較!

楽天モバイルの回線速度について

楽天モバイルでの通信は、ドコモの回線を利用して、225Mbpsという高速通信を可能にしています。通信速度に関しては、NTTドコモと同じ回線なので、これまで他のキャリアを使用していたユーザでも不満を感じる事のない安心のスピードですね。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。MVNOや格安スマホは今後更に利用しやすくなって、ユーザーの期待に応えてくれることでしょう。

楽天モバイルの通信制御に関して

楽天モバイルでは、契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されました。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、通信速度制限が行われていましたが、直近3日間での通信制限が撤廃されたのです!つまり、楽天モバイルの格安スマホでは、長時間のビデオ通話をしてしまった後でも、3日制限の心配をする必要はありませんので、使いたいときに使いましょう!

楽天mobileの気になるポイント

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。毎月の利用料金が1,250円と格安なスマホは高い注目を集めています。楽天モバイルは、docomoの回線網を利用しているので、docomoの電話と同じ品質の通話が可能です。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。さて、それでは、早速、楽天モバイルのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用した格安SIMサービス!

楽天モバイルが利用している通信回線はdocomoと同じ回線を利用しています。そのため、通話品質もドコモと変わらず、広範なエリアで使える上、つながらないことが少ないという安心感があります。現在ドコモのスマートフォンを使用しているのであれば、多くの機種ではそのまま利用し楽天モバイルで使用することができます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。ドコモのスマホを持っているのであれば、SIMカード単体契約のみで今までどおり使えるので、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。つまり、楽天モバイルは、信頼のあるドコモの回線をそのまま使って値段だけ安くできるお得なサービスということです。

SIMフリースマホの種類が豊富すぎる

現在所持されている端末が、楽天モバイルに対応していないという方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は、スマホ本体の購入も必要になります。楽天モバイルでも販売されているスマートフォン本体は、他のMVNOに比べて非常に豊富な機種を取り揃えているのが特長です。しかもスマホだけでなく、画面の大きないわゆるタブレット端末にも幅広く対応していますので、端末選びに不自由を感じることはないでしょう。ただ楽天モバイルにも一つ欠点があり、本体代金を分割払いにしたいときは楽天カードでの決済が必要になることです。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。ただ、楽天カードのことがあったとしても楽天モバイルの機種数の豊富さは数あるMVNOの中でも一番の魅力だといえるでしょう。

通信量の翌月くりこし

データの通信量の上限は、各プランによって差異がありますが、あまり使用せず、決められた容量に達しない月もあると思います。楽天モバイルの場合は、使い切れなかった残りのデータ容量を、次の月へと持ち越すことが可能なのです。前の月で余らせた通信量を次の月に使うことができないMVNOが多いので、楽天モバイルであれば無駄なく利用することが出来ます。せっかく格安SIMにしたのにデータ量は無駄になった、なんてことには楽天モバイルならしませんよ!

電話料金が半額で済む、楽天電話

通話料を半額にしたい時におススメなのが楽天モバイルの「楽天でんわ」サービスです。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。なお、当然のことながら、相手先に伝わる電話番号は普段どおりの番号です。通話相手からは通常の電話を使用しているのと違いを感じることなく通話することができます。IP電話はほとんどの場合、番号通知が非通知とか050番号になってしまうので、使っていて不便だなと感じることがあるのですが、楽天電話なら使いづらさを解決してくれるということです。さらに、メリットはまだあります。楽天でんわを使った際の通話料が、通話代とともに、ポイントも同時にたまっていくので、ますます値打ちがありますね。かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分かけ放題オプション開始

携帯会社と言えば思い当たるのがAUやソフトバンクやDOCOMOなどですが、この3つの会社はカケホーダイのサービスがありますが、だいたいのMVNOが、無料通話のサービスをやってはいません。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。このプランの電話回線はIP電話ではないので、楽天でんわなどと同じく発信者番号通知にも対応しており、いままでの通話となんら変わることのなくご利用いただけるもので、利用者にとってはたいへん魅力的なサービスです。NifMoにも話し放題のサービスはあるものの、かけた人に電話番号が相手方に表示されないことがままあるようです。楽天でんわで通話をする際に掛かってくる通話料がおおよそ1分間で21円掛かってくるので、おおよそ、1ヶ月の通話時間が1時間を越える方であれば、ぜひとも組み入れたいオプションでありましょう。

最初のひと月は無料なのも嬉しい

格安SIMの契約を楽天モバイルで結ぶと、契約した最初の1ヶ月、無料で使えるということにあります。初めの1ヶ月とは、SIMカードが手元に届いた日の月のことです。SIMカードが月の初めに到着すれば、無料期間が1カ月となることもありますね!しかし、今お使いのスマホの会社の月額使用料がいくらかにもよって損得は変わってきます。また、解約月が定められているなら、すぐに解約するとかえって手数料をとられ、高くつきますので、実際問題、月初まで待つのがお得とは言えないです。

楽天モバイル料金について

楽天モバイルの月額料金やオプション料金について説明します。いまのスマホ代と比較しながら、携帯料金を節約できるかご覧下さい。 楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

月額費用

楽天モバイルの料金は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、従来の携帯電話と同じように使いたい場合にはこのまま音声通話SIMを選択してご利用ください。通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信が、使い放題のプランです。それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの262.5MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。端末台を除いて、初期費用は一律3,240円となっております。

解約手数料

楽天モバイルの解約縛りと解約手数料、これは事前に把握しておきましょう。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。仮に、1年以内に契約を解除するのであれば、違約金として9,800円支払う必要があるので注意して下さい。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、こちらの場合は、13ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

【間もなく終了】キャンペーン

CMで話題のUQモバイルの月額費用と解約についてまとめてみた

UQモバイル月額費用と解約

UQモバイルの料金プランや速度について、解説していきます。今使っている携帯電話やスマホの月々の料金と比べて、通信にかかる料金がどの程度節減できるのか、ご参考にして頂きたいと思います。ということで、料金プランを見ていきましょう。

UQモバイルの料金プランまとめ

UQモバイルのプランは、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、データ専用SIMを選択すると使えませんのでご注意ください。音声SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円です。

UQモバイルの違約金

UQモバイルの最低利用期間と違約金に関して、ご紹介していきます。利用期間の規定はデータSIMにはありません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、違約金として9500円が費用となりますのでご注意ください。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

UQ格安スマホの特色

MVNOとは大手の携帯電話会社以外の携帯電話キャリアのことを指しますが、話題の格安なスマホサービスを展開しています。UQコミュニケーションズもこれに参入しました。その名もUQモバイルです。NTTdocomoやau・ソフトバンクなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。なんといっても毎月の代金が1,980円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。AUの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、電波の入る範囲や通話の品質などAUと同じなのです。また、UQモバイルのユーザーには見逃せない特典がありまして、それは、テザリングが無料で使えるという点です。それでは、UQモバイルのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。話題のUQモバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

AU回線網の格安スマホサービス

格安スマホサービス、UQモバイルの回線は、AUの回線を使っています。そのため、AUとう同様の高品質な通話品質となっています。サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。AUのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。UQモバイルが提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。AUのスマホを利用中の方であれば、UQモバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。定評のあるAUの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUQモバイルというわけなのです。

VoLTE対応プランがある!

UQモバイルはMVNOの中でも早くからVoLTEに対応したことで話題となりました。でははたしてVoLTEとはどういったものなのでしょうか。VoLTE、それは今までの音声通話に比べ、音質が格段に改善された、たくさんある通話方式のなかでも最先端の技術です。以前は300Hz〜3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。しかしVoLTEでは50Hz〜7kHzまで拾うことができるようになり、より自然に近い状態で聞き取れるようになりました。つまり、今までと違い、通話が高音質で出来るようになったということです。VoLTEに対応していることは、UQモバイルにとって安さ以外のセールスポイントになっています。

データ量繰り越しができる!

UQモバイルでは、モバイルデータ通信容量のくりこしに対応しており、毎月データ使用量が変わる人でも、気兼ねせずに利用できるので、ユーザーにとっては大変利用価値が高いと思います。ターボ機能というものもありますので、データの通信速度を高速で利用するのか、低速で利用するのか、ユーザーが選択する事が可能です。使用するデータに無駄がないように設定できるのでお得で便利です。

UQモバイルの通信スピードについて

あらゆるMVNOのうち、UQモバイルは、通信実効速度、つまり通信スピードの「実力」が高く評価されています。格安SIMアワード2015によると、通信速度部門において、1位を獲得したのが、このUQモバイルなのです。通信スピードを第一に考える方であれば、一番おすすめなのが、このUQモバイルなのです。今後もMVNOや格安スマートフォンのサービスから目が離せませんね。

UQモバイルでの帯域制限

どのMVNOでもそうですが、契約者が同じ条件で利用できるよう、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。具体的には3日あたりの通信容量が、設定容量を超えたユーザーには、速度制限が実施されます。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。通常の利用の範囲内であれば、なかなか対象にはならない制限でしょう。UQモバイルの場合、各料金プランごとの規定値は規定されていないようで、全プラン共通で直近3日で6GBが規定値に設定されています。

UQモバイル評判

UQモバイルの長所とは、何といっても群を抜いた通信スピードの実力にあります。ネット上の評価やレビューなどでも、速度を評価する書き込みもあり、料金プランについてはそれほど選択肢が多くないことと、料金面で不満が残るところもありますが、その点を考えても、素晴らしいSIMであることには変わりありません。格安スマホを選ぶにあたって、目をつけたい選択基準の大きな一つになりそうですね。

口コミでも評価の高い通信の実効速度

UQモバイルの最も大きいメリットは、他のMVNOと比較して、極めて高速で安定した通信が出来るところだと思います。複数のMVNOを利用し長所?短所を比較している私でも、高速通信がきちんと安定しているので、携帯ではUQモバイルを最もよく使っています。通信スピードを重視する人に、「速度の速いMVNOはドコ?」と、言われたら、絶対にUQモバイルだとアドバイスします!他のMVNOよりも少し月額の値段が高いですが、スムーズな通信ができてストレスが少ない点を考慮すると、選んで間違いはないはずです。

UQmobileの割引キャンペーン

話題のUmobile(ユーモバイル)のお得なキャンペーンや評判を徹底調査!

Umobileの気になるポイント

格安スマホや格安SIMの提供を行っているMVNOの一つであるUmobileは、動画配信サービスを行っている「U-NEXT]の運営会社のサービスです。U-NEXTは東証一部に上場している会社なので、信頼性や安心感が大きく、まだ知名度の低い企業の中では珍しく、人気MVNO5本指に入るほどの実力派です。MVNOとして類を見ない点は、高速なLTE通信が制限なしで利用可能なコースを用意していることです。格安に高速回線を使い放題したい方は、Umobileがおすすめです。前置きはこの辺にして、Umobileのサービス詳細を詳しくまとめましたので、格安スマホで節約したお金で何買いますか?

docomoの基地局を使ったお得なスマホ

Umobileはリーズナブルなスマホサービスを提供していますが、そこではdocomoの回線を用いています。そのため安心の通話品質です。docomoと全く同じクオリティの通話が可能で、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。docomoのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。もちろんUmobileでもスマホ本体も販売しているのでSIMと本体、両方セットで購入することだってできます。docomoのスマホを利用中の方であれば、UmobileのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。新たに本体代を支払う必要がなく、経済的に優しいですね。Umobileとは、docomoの回線を使いながら月々の携帯代が安く出来るというサービスです。

LTEの高速通信が低価格で無制限

Umobileでは、LTE使い放題という格安スマホにはなかなか見られないプランがありますが、ライバル事業者のほとんどが使い放題に対応していないことから、Umobileは注目を集めています。インターネットを頻繁に利用する場合、LTEの高速回線が無制限で使えるという事は、通信制限を気にせず使える、有り難いプランですね。さらに嬉しいのは使い放題だけにとどまらず、料金が2,730円という低価格を実現していること。この価格なら大手携帯キャリアの使い放題プランと比べて、どれだけ経済的なプランか実感することができるでしょう。毎月の通信量が多い人にとっては、とても助かる料金設定になっていますね。特に、高速通信を多く利用されるお客様におすすめしたいMVNOとなっております。U-mobileの公式サイトでは、さらに詳しいサービス内容が載っていますから、是非ご覧になってください。

不通期間なしのMNPもできる!

Umobileでは、即日にMNP転入が出来るので、他社からの乗り換えが楽になりました。MNP届出方式を採用しており、これまで他社からの乗り換え時は、お手持ちのSIMカードが使えなくなる期間がありましたが、インターネット上で手軽な手続きを行いさえすれば、MNPを、不通期間なしで実現することが可能となっています。いままで、即日MNPをしたい場合には、店頭に出向く必要がありましたが、現在では、ネットを利用する事で場所を選ばず何処でも即日MNPを完了することができます。MNPにより、携帯が使えない期間が出てくると不都合があり乗り換えをしようか迷っていたという方には特に、安心していただけるサービスとなっております。手続きの方法は非常に簡単で、SIMカードが手元に届いたらUmobileマイページにアクセスして回線切替ボタンを押すだけです。MNP届け出方式により容易にMVNOへの転入手続きが完了できるようになり、格安スマホへの切り替えが進むことになるでしょう。

Umobileの通信スピードに関して

MVNOには様々な種類がありますが、その中でもUmobileは、docomoと同じLTE回線を利用した格安スマホのサービスです。docomoの回線を利用しているため対応エリアの広さ、回線速度には安心感があります。

Umobileの帯域制御

どのMVNOでもそうですが、利用する方たちが公平に使用できるために、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、通信速度を制限しています。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。ただし、Umobileは、速度制限の対象とする直近3日間の通信量を発表していません。

Umobile評価

ネットで動画を見ることが当たり前の今だからこそUmobileの売りとも言える、4GLTEの使い放題ができるプランではないでしょうか。docomoの高速LTE回線をここまで安く使い放題にできるというのは、他のMVNOには、ほとんどないプランです。現在ご利用中のキャリアに不満をお持ちの方はMNPすることで、月々のスマホの費用を抑えられることができるかもしれません。

通話プラスなら、毎月最大600ポイントバック!

日本最大級の映像配信サービスを行っているU-NEXTで利用可能な、U-NEXTポイントが毎月付加される、ポイントプレゼントキャンペーンを行っています。LTE使い放題2プランだけは毎月400ポイントですが、これ以外のプランですと、毎月600ポイント貰えます。U-NEXTで配信されている動画を見たい場合1本300円くらいなので、月に1〜2本を無料で視聴することができます。作品は、映画やアニメ、ドラマ、大人向けなど老若男女誰もが楽しめるラインナップとなっております。月1500円〜3000円程度の月額料金で400〜600ポイントもポイントがもらえるというのは、他社にはないかなりお得な特典です。

Umobile月額料金と解約について

Umobileの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。現在ご利用中のスマホ料金と比べると、通信料金がどれだけ安く抑えることができるのか、考えてみてください。 Umobileの料金プランを見ていきましょう。

Umobileの料金と初期費用

Umobileのプランは、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの二つの選択肢があります。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、今まで使っていた携帯電話と同じように使いたい場合には、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。音声SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データ専用SIMの料金は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円となっています。

その代わりに毎月の料金がLTE使い放題プランと比べると、250円安くなるサービスです。

Umobileの違約金

Umobileの最低利用期間と解約手数料に関して、ご紹介していきます。UmobileのデータSIMには最低利用期間がありません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも6ヶ月となっています。もし、6か月経過する前に途中解約するとなると、解約手数料は6,000円かかりますので注意が必要です。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、決められた期間内さえ過ぎれば、お好きなタイミングで違約金を払わず解約できるのは有難いです。

「LTE使い放題2」プランの解約手数料について

他のプランと違い、LTE使い放題2プランの場合、解約の際に、他の契約とは異なる制限が設定されています。解約違約金は6ヶ月以内の場合9,500円になります。6ヶ月を超える7ヶ月〜12ヶ月目で解約する場合にも違約金は発生しますが、この場合は3,500円を支払えば解約する事が可能です。解約以外にも、11ヶ月以内のプラン変更にはプラン変更数料として3,500円が請求されます。以上のように、LTE使い放題2プランは他のプランと異なり、最低利用期間や違約金に関する注意事項がありますので、ご注意ください。しかし、違約金などが発生しますが月額料金がその他のプランよりも安く抑える事ができるので、最低1年以上は使い続けるという人が殆どだと思いますので、オススメはLTE使い放題2プランの方になります。

今月開催中のキャンペーン情報

mines(マイネオ)を徹底比較!!月額料金や通信速度について

mineoの回線スピードに関して

mineoの通信スピードがどのくらいあるのか数字を示して解説します。ドコモプランでは、docomo Xiに相当する最大225Mbps回線、auプラン(Aプラン)も同じく225MpsのLTE回線を使用しています。通信系のサイトなどでも比較されていますが、お昼や夜の混雑する時間帯に利用される場合は、キャリア契約の回線のような高速通信は出来ません。時間帯に関係なく、安定した高速通信をお望みならば、間違いなくキャリア契約の選択をおすすめします。月々の料金が他社よりも圧倒的に安い訳ですから、総合的に考えると、mineoをはじめとした格安SIMへの乗り換えを検討する価値はあるでしょう。
こちらのサイトの速度比較がかなり参考になります。
格安SIM速度

mineo Aプランの3日間制限

どのMVNOでもそうですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、設定容量を超えたユーザーには、通信速度を制限しています。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。mineoの場合、契約プランごとの規定値は決められておらず、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で3GBが規定値に設定されているようです。

mineo Dプランの3日間制限について

mineoのdocomo回線プランでは、直近の3日間に限ったデータ通信量による速度制限はありません。その日によってデータの使用量が大きく異なる方は、心配な方は、ドコモ回線を使うプランにした方が、気兼ねなく、データ通信が行えます。プランを選ぶときには、このような点にも注目してみてください。

mineo料金プラン

mineoの月々の料金設定や速度について説明していきます。いまのスマホ代と比較しながら、スマホの利用料金をできる限り削減するか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。それでは、月額プランの詳細を見てみましょう。

mineoの料金と初期費用

mineoの料金プランに関しては、SIMにはデータ通信専用のものと、音声通話付きのものの2種類があります。070/080/090番号が使えるものには、 音声通話SIM適応されますので、普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。データ通信専用SIMではなく、通話SIMを選択することになりますので間違えないようにして下さい。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの最低利用期間について

最低利用期間と解約違約金に関して、解説していきます。mineoはキャリア3社や他のMVNO会社とは違い、最低利用期間というものがありませんので、解約手数料や違約金が一切掛からない格安スマホとなっています。利用者にとって不要な出費となる違約金を気にせず格安SIMにトライできるので、使いやすく、格安スマホデビューにはお勧めです。ただし、1年以内にMNP転出する際には12,420円の手数料が発生してしまいます。12,420円の料金となりますので、お含みおき下さい。

mineo格安スマホのユニークポイント

「mineo(マイネオ)」とは(株)ケイ・オプティコムが提供する格安スマホ、SIMサービスのMVNOです。月々のスマホ料金を節約したい場合、他のキャリアからの乗り換えをするとかなりの料金低下が見込める格安スマホサービスです。なんと月額1,310円でスマホが利用できるので、キャリアのスマホに比べるとこんなにも安くなります。サービスの方も、国内では初めてマルチキャリアMVNOを採用しており、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。通話品質やエリアもdocomo・AUと同じですので、安心して使えますね。これからmineoへのMNPを検討中の方の為に、mineoのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoとAU回線網の激安なスマホ

docomo回線、AU回線を利用して格安スマホを利用できるようになっています。通話品質もdocomo、auとそれほど変わりませんし、通信エリアも他社に負けず劣らずとなっています。ドコモやauのスマホをお持ちならそのまま使用することができるため、格安スマホにするからといってスマホ本体を買い換える必要はありません。新たに本体を購入せず乗り換えられるのでとてもお得です。当然ながら本体を買い換えたいって人もいるので、格安のSIMフリースマホもセットで購入することもできます。全国展開されているキャリア回線をやすく利用できますし、契約はdocomoとauの回線を自ら選択できるようになっているので、好みに合わせてみましょう。両プランの月額料金には若干差がありますので、この点も踏まえて比較検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTEプランがある

mineoには、VoLTE対応プランがあることで話題です。VoLTEとはLTEによる音声通話サービスのことで、従来の音声通話より高品質な通話を実現した、LTEを利用した最新式の通話技術のことなのです。従来の通話方式が使えていた周波数帯は300Hz〜3.4kHz迄で、実はそれ以外の周波数帯域の音はカットされてしまっていました。しかしVoLTEでは50Hz〜7kHzまで拾うことができるようになり、より自然に近い状態で聞き取れるようになりました。従来と比較して、高音質で通話出来るようになったという事です。VoLTE対応はmineoにとって最大なメリットともいえるのです。

データ繰越しもできる!

mineoの料金プランでは、毎月利用するデータ量を次の月に繰り越す事が可能なので、その月によって、使うデータ量にばらつきがある方には、それほど気にせずに使用できるということです。

mineoスイッチを活用して通信量を節約!

またmineoでは便利なオプションでmineoスイッチというものがあり、データ通信速度を高速と低速で自由に切り替えて使うことができます。これによりデータ容量を節約することができ、経済的に通信が行えるので便利ですね。また、mineoにはデータ通信料を賢く節約できるアプリ「mineoスイッチ」があるので、公衆Wi-Fiとうまく組み合わせて使えば、さらに安いプランで済むこともあり得るでしょう。スマホ代節約の大きな一手になるでしょう!

間もなく終了のキャンペーン!

IIJmioは安い?高い?お得なキャンペーンや料金についてまとめてみた

IIJmio口コミ

IIJmioの強みはなんといっても、サポートが手厚いこととブランドからくる信頼性の2点があります。これは、格安SIM顧客満足度調査で最優秀賞を受賞したことからも利用者からは好評であることがわかります。電話で直接サポートしてくれたりもするので、初めて格安SIMや格安スマホを利用する方でも、安心して利用する事が出来るMVNOです。

アフターサポートもしっかりし、速度も速いのが嬉しい

IIJmioの口コミや評判からわかるように、その理由は、ユーザー数が多いにもかかわらず通信速度が安定して速いことと、アフターサービスが良いことでしょう。格安SIMアワードを受けたことを経て、利用者満足度が優良なMVNOの分野で最優秀賞を受賞もしています。あなたが選ぶとしたらこれ以外に考えることはありません。何も迷わず決める事が出来ます、また、古参MVNOの中でもブランド力があり、かつサービスの安心感もしっかりしているMVNOでしょう。元々、利用者からの評価や評判の高いMVNOですから、どの格安スマホ/SIMにすればいいのか悩んでいる人にとっては、心強いMVNOの一つです。

IIJmioスマホって?

株式会社インターネットイニシアティブのサービスである格安SIMと格安スマホ「みぉふぉん」について紹介します。格安SIMサービスを提供している企業の中においても、インターネットイニシアティブジャパンは歴史の古い企業で、格安SIMサービスが始まった当初からこのサービスに注目していた人なら、 IIJmioは馴染のある名前です。この格安SIMサービスは顧客満足度調査である「格安SIMアワード2015」において、総合部門の最優秀賞を獲得するほどの満足度の高いサービスです。特に「ブランドイメージ」や「利用サポート」の部門でユーザーから最高の評価を受けています。というわけで、今回は、IIJmioのキャンペーンやプラン変更まで、すべてをまとめてみました。話題のIIJmioについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoのネットッワークを利用した激安なスマホ

IIJmioはdocomoの回線を使用しながら、格安料金のサービスを提供しています。回線が同じ、ということは通話の品質もdocomoと変わらず、様々な場所でも安定した通信が行える、信頼性の高いサービスです。また、これまでドコモのスマホを使っていた人なら、ほとんどの機種をそのままIIJmioで使うことができます。これを機会にスマホ本体も更新したいという方のために、IIJmioはお得なセット販売も行っています。また、docomoのスマホを引き続きご利用いただく場合には、SIMカードのみの契約でOKですので、高額な端末代金を購入する必要がないので、通常かかってしまう機種代金を大幅に節約できる点も魅力的ですね。スマホにかけるお金は減らしつつ、それでもdocomoの回線で安心に便利にオトクに、それがIIJmioです。

バースト機能で、低速通信時も快適

IIJmioの機能の一つとして、バースト機能といったものがあります。そのバースト機能とは一体どういうものなのか?分かりやすく解説していきます。この機能は速度制限により通信速度が低速化した後も、最初の数秒間だけ高速通信を行うもので、すぐにウェブページ等が表示されるようにする機能です。このおかげで、低速通信になっても表示されるのが高速になるので、ページ表示が遅くてイライラさせられることが少なくなり、サクサクとサイトが閲覧できるという点は好評を集めている機能なのです。しかし、IIJmioと、IIJMioでしか、利用することができないサービスとなっております。

容量の翌月くりこし対応!

プランによって使えるデータ容量に差がありますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。この点、IIJmioなら、余った分を捨てることなく翌月に繰り越すことができます。余ったデータ容量の持ち越しを行っていないMVNOもあるため、繰り越しOKという点は、IIJmioの利点の一つです。データ容量を持ち越せることが可能なため、無駄なくお得なサービスとなっております。

家族利用なら、10枚まで追加可能!

IIJmioのファミリーシェアサービスでしたら、なんと10枚ものSIMカードを追加することが可能なのです。家族で10人分、IIJmioへ乗り換えると、みんなで使えば、断然お得なんです。家族全員分の携帯代を考慮すると、お安く利用できる分、携帯料金の節約ができると思います。家族全体で料金を見直すならば、格安スマホが話題になっている今だからこそチャンスといえます。サポートに定評があり、2015年の格安SIM会社に対する顧客満足度調査で最優秀アワードも受賞してるIIJmioなら誰でも安心して利用できます。お子様に持たせたい方にもぴったりな「みまもりパック」もあり、心配な有害サイトや不正サービスへの誘導からもブロックできます。

IIJmioの格安スマホの月額料金と解約

IIJmioの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。毎月ごとの料金を比較していき、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、考えてみてください。ということで、IIJmioの料金プランを見てみましょう。

IIJmioの料金プランまとめ

IIJmioの料金は、SIMにはデータ専用と音声通話付きの二通りがあり、それぞれ料金が別になっています。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、音声通話専用のSIMを選ばなければいけませんので注意が必要です。音声SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

IIJmioの解約手数料について

みおふぉんの解約縛りと解約手数料について、まとめましたので、ご紹介します。IIJmioの場合、データSIMに関しては、最低利用期間の決まりはありません。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。最低利用期間が経過する前に通話SIMを解約するのであれば、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は9,000円です。キャリアと異なるのは、縛り期間の更新が自動でなされないという点で、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

IIJmioの通信速度

MVNOと言っても色々な種類がありますが、その中でもIIJmioは、docomoの4GLTE(262.5Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。対応エリアの広さや回線の信頼性には安心のサービスです。実効速度が速い帯域で安定してる。との噂は、レビューの評価やコメントを見ても、おおむね高い評価を得ていますが、納得できるところです。スマホは高いというイメージがありますが、価格が安くて速度も申し分が無いスマホをお探しなら、おあつらえ向きといえるのがIIJmioであると、自信を持ってお勧めできます。

みおふぉんの通信制限に関して

IIJmioでは、低速通信の場合、直近の3日間のデータ通信量によっては速度規制がかかってしまうことがあります。高速通信利用時には、3日制限は関係ありません。通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、データ通信速度を遅くされてしまいます。この3日間規制は、設定された値を下回れば、契約者が何もしなくても制限はなくなります。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。

【期間限定】キャンペーン!!

噂の格安SIM・DMMモバイルの評判や速度を調べてみた

DMMモバイルの速度に関して

たくさんのMVNOがありますが、その中でもDMMモバイルは、docomoの262.5MbpsのLTE回線を使用したサービスです。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。また、通信速度は安定して高速となっており、口コミや評価のサイトをざっと見ても、かなりの好成績で、非常に人気があることが読み取れます。速くて安い格安スマホを利用したいのであれば、DMMモバイルを利用するのがいちばんいいと思います。

DMMモバイルの帯域制限

DMMモバイルでは、低速通信使用の時は、72時間のデーター量によって、速度に制限がかかる時があります。高速通信を利用している場合は帯域制限の対象にはなりません。どの利用者も平等に通信できるようにするため、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、決められた速度制限が課せられるのです。3日間で規定容量を超えなければ、速度制限が自動的に解除となります。通常の利用の範囲内であれば、なかなか対象にはならない制限でしょう。

DMMモバイル月額料金と解約に関して

DMMモバイルの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。現在お使いのスマートフォンの毎月のお支払額と比べて、いったいどれだけ安くなるんだろうかってことを、手掛かりとしてください。早速、料金プランの詳細を見てみましょう。

月額費用

DMMモバイルの月額プランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、従来のキャリア端末と同様にご使用されたい場合は、音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。音声通話SIMの月額プランは、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,380円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,910円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,680円、10GBプラン:2,890円、15GBプラン:3,980円、20GBプラン:4,680円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円です。

DMMモバイルの解約手数料について

DMMモバイルの解約縛りと解約手数料に関して、説明していきます。DMMモバイルのデータSIMには最低利用期間がありません。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。一年以内に解約したい時には、違約金が9,000円も発生してしまうのです。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13ヶ月我慢できれば、いつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

DMMモバイル評判

DMMモバイルの利点は、高速通信を安定して利用できる点と月額費用の安さではないでしょうか。月額料金と速度を重視する方には、すごく適していると言えるでしょう。クチコミで評判の高いポイントとしても、この二つを兼ね備えていることにあるようです。

実効速度が速いのが魅力的!

DMMモバイルのレビューにて頻出していることは、主に、通信の実効速度とその安定性の高さについて語られています。高速通信が安定して使え、基本料金が安いと言うことで、DMMモバイルはとても人気があるようです。さらに、利用金額に応じてDMMポイントが還元されるキャンペーンも行っており、安い料金と実効速度の速さの両方を要求される方には、かなりおすすめのスマホといえます。費用対効果が高いMVNOを選ぶのならば、まずはDMMモバイルを選んでみてはどうでしょうか。

DMMモバイルの特徴

よく知られているMVNOの一つにDMMモバイルがありますが、動画配信サービスの分野において知名度の高いDMM.COMが運営している格安SIMです。業界最安値のプランがあることが、DMMモバイルの一番の特徴となります。月額料金をいかに安くするかを気にする方なら、ぜひ選択肢に入れたいMVNOです。通信は、非常に速く、回線も安定していて、快適にインターネットを利用できると評判です。DMMモバイル?という方の為に、DMMモバイルのすべてを網羅したまとめになりますので、気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomo回線を利用した格安SIM・格安スマホ

DMMモバイルはdocomoの回線を使用しながら、格安料金のサービスを提供しています。当然ながら、通話品質もdocomoと全く一緒ですし、docomoと同様のエリアでサービスが利用可能なため、つながりやすさもお墨付きです。docomoのスマホを利用している方は、だいたいの場合その機種を変更することなく利用できます。もちろんDMMモバイルでもスマホ本体も販売しているのでSIMと本体、両方セットで購入することだってできます。ドコモのスマホを持っている人なら、SIMカードを契約するだけで利用を始められるので、高額な端末代金を購入する必要がないので、通常かかってしまう機種代金を大幅に節約できる点も魅力的ですね。DMMモバイルの通信サービスは、ドコモと同じ高い通信品質・つながりやすさを、低価格で提供しています。

iPhoneが分割できる!

最新のiPhoneシリーズが分割払い出来るというのが、DMMモバイルの大きな魅力の一つといえます。だいたいの会社は、海外製の安い端末しか取り扱っておらず、iPHoneはほとんど扱われていないというのが現状です。その点DMMモバイルでは、最新のiPhone6も取扱い端末の中に入っているので、iPhoneの分割購入ができるという条件でMVNOを選択するのであれば、最新のiPhone6でも分割購入できるプランがあるDMMモバイルが一番魅力的に思えます。iPhoneのセット購入をMVMOで考えていらっしゃる場合には、DMMモバイルが最も有効的な選択肢でしょう。ご注意いただきたいのは、DMMモバイルのiPhoneは売り切れになる事が多いので、もし在庫があるならば、すぐに申し込みをしたほうがいいです。

データ通信量の繰り越し

多彩なプランが用意されていて、それぞれに使用できる最大データ容量は異なりますが、その月によっては、使用した容量が少なかったりなどで、余ってしまう月があるのではないでしょうか。そんなとき、利用しているのがDMMモバイルだったなら、余った分を翌月に繰り越すことができます。前の月で余らせた通信量を次の月に使うことができないMVNOが多いので、この点、DMMモバイルの魅力の一つと言えます。料金を安くしたいからこそ格安スマホを使うのですから、余ったデータ容量も無駄なくシッカリ使いたいですよね。

即日MNPに対応している

DMMモバイルでは、即日MNP(携帯電話番号ポータビリティ)に対応しており、携帯電話会社を変更した場合でも、電話番号はそのままご利用いただけます。DMMモバイルの即日MNPはMNP届け出方式なので、ネットで簡便な手続きを踏むだけで、空白期間なくMNPが利用できます。コレまでの即日MNPは、店頭に行き手続きする必要がありましたが、ネットに繋がる環境さえあれば、DMMモバイルならば即日MNPが実現可能です。MNP時に回線が不通になることが原因で、他社からの乗り換えを諦めていた方も、これなら大丈夫なのではないでしょうか?手続き方法は、SIMカードが到着してからDMMモバイルのマイページで回線切り替えボタンを押すだけです。難しい事はなにもなく、簡単に切り替える事ができるので、格安スマートフォンが一段と身近になりますね。

契約中はずっと10%還元!DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルの契約期間中は、毎月DMMポイントが10%還元という、お得で嬉しいキャンペーンが行われています。月額の基本料金はもとより、通話料やオプション料金ももちろん対象となるので、DMMモバイルをよく使う方にはとてもお得なキャンペーンです。DMMモバイルは業界最安値であるのに、それに加えて、10%のポイント還元まで実施していますので、利用料金においては、非常に利用価値の高いMVNOと言えるでしょう。なかなか節約の難しいスマホ代ですが、DMMモバイルでお得を体感してみませんか?

バースト機能で、低速時がより快適に。

DMMモバイルには、バースト機能というものがあります。この「バースト機能」についてご説明します。DMMモバイルのバースト機能とはネットにアクセスした最初の数秒間のみを高速通信で行うことで、アクセスしたWebページが表示されるまでの時間を短くしてくれる機能です。この機能を利用する事で、低速通信を利用している場合でも、ページ表示までのスピードが改善され、体感上の遅さと言ったストレスが低減され、気持ちよくネットを使うことができるので、DMMモバイルならではの仕組みといえるでしょう。実は、この機能を提供している業者はまだDMMモバイルとIIJmioしかない模様です。

DMMモバイルのキャンペーン!